World Clock Online

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米ドルが一人勝ちということを数値(係数)で証明☆★

二つのチャートがどのような動きをしているか比べられることがあるかと思います!
その二つのチャートが同じような動きをしているのか、全く逆の動きをしているのか、パッと目で
見てもわかるかとは思いますが、それを数値で求めることができるのです☆★
著作権の関係があるので表示できませんが、以下のページを見てみてください!!

http://mcfs.jp/kawase/mcfsnews/cms/system/pdf/soukan5-080809.pdf
http://mcfs.jp/kawase/mcfsnews/cms/system/pdf/soukan100-080809.pdf
サイト(http://mcfs.jp/kawase/mcfsnews/date/relation.php)

これは相関係数といわれるもので、-1~1の値の中で示されます☆
-1に近ければ近いほど、逆相関・つまり逆の動きをしているということです。
1に近ければ近いほど、相関がある・つまり同じような動きをしているということが分かります。

エクセルでも簡単に求めることができますので、求めてみたい方はいろいろ調べてみてください☆

3月24日から昨日までのドル円と、ポンド円の相関係数0.9323となっていますよね??
ですから最近100日のドル円とポンド円は相当似ている動きをしてきたということがわかります☆


しかし・・・・・・


最近5日間のドル円とポンド円の相関係数を見てみると、0.2261となっているので
両者の相関がほとんど見られないということです・・

ドル円に対してはクロス円(ドル円以外の通貨円)も相関係数は高かったのに、最近5日は相関係数が見られません・・


これはドルが最近は一人勝ちしているということを示しています!!
相関係数はなかなか便利なツールだと思うので、これからも機会があったらやってみたいと思います☆★

8.09最近はドルの独り勝ち

ちょっと相関係数とは違いますが、上のグラフはある地点から、何パーセント動いたかを示しています。
特に昨日はドルの一人勝ちだった、と言うことができるでしょう★☆

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 為替ブログ FX 学生投資家へ応援お願いします。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://kotetsu1210.blog59.fc2.com/tb.php/62-b0e35773

コメント

こんにちは!
セントラル短資さんでも200日相関係数出してますよー重ね合わせた最新チャートもでるので便利ですb
http://hojin.ctot.jp/markets/correlation.html
200日しかないですが、たまに見てみるとおもしろいね
長期のポートフォリオを相関係数で作ってみるとか(想像でw)
<<森羅さん
相関係数で直接先を見通すというのは難しそうですが、過去を振り返ってみてみるのは
面白いですよね☆

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。